今更ですが、新型コロナウイルスって、、、

 これまでに、人に感染する「コロナウイルス」は、7種類見つかっており、その中の一つが、昨年12月以降に問題となっている、いわゆる「新型コロナウイルス(SARS-CoV2)」です。 このうち、4種類のウイルスは、一般の風邪の原因の10~15%(流行期は35%)を占め、多くは軽症です。残りの2種類のウイルスは、2002年に発生した「重症急性呼吸器症候群(SARS)」や2012年以降発生している「中東呼吸器症候群(MERS)」です。 コロナウイルスはあらゆる動物に感染しますが、種類の違う他の動物に感染することは稀です。また、アルコール消毒(70%)などで感染力を失うことが知られています。(転記、厚生労働省
 コロナウイルスは、2020年の世界を混乱に陥れていますが、元来存在するウイルスみたいですね。勉強不足の筆者は、ある日突然降って現れたものだと勘違いしてました。インフルエンザのように、変化を遂げたようです。遺伝子的には、先のSARSやMARSとは異なっているのでしょうか。医療がこんなにも向上しているはずの日本で、特効薬がなかなか確立されないのはなぜでしょうか。

テレビの影響

 これだけ、連日テレビで報道されていると関心を持っている方が多いですよね。若者がお年寄りを批判、お年寄りが若者を批判といったインタビューやいかにも有識者的なコメンテーターによる政権批判。なぜ、ここまで批判的な意見ばかりを報道するのでしょうか。対立構造を作り出して何が目的なのでしょうか。はたまた、筆者の考えすぎか。真相はわかりませんが、前回の安倍政権から民主党への政権交代の時のマスコミによるプロパガンダ的な報道のような匂いを感じるのは筆者だけでしょうか。

肺炎の年間死亡者数は10万人以上

 コロナの恐怖は広がってきていますが、実は日本の肺炎での年間死亡者数は10万人以上と言われています。(参考、東京都健康安全研究センター) なぜ、このことが報道されず、コロナばかりがここまで騒がれるのでしょうか? たしかに、新種で未知のウイルスであることは理由の一つでしょう。感染力の強さ、両肺が侵される恐怖、隔離されるというストレス。日々、テレビから流れてくる情報は同じものばかりで、感染者の数が増える以外にほとんど進展はありません。どの病気と比較して、どの程度違うのか。そこまで調べて、報道していただれば、よりわかりやすい啓蒙になるのではないでしょうか。

おすすめの記事